ご挨拶

20151002_191658

来年平成30年(2018年)には、「福井会」として明治31年(1898年)に発足した「東京福井県人会」が創立120周年という節目の年を迎えます。会員の皆様一人一人が「福井を応援したい!福井を知ってもらいたい!」と集い、小さな輪が大きな輪へと育まれて参りました。

現在、県人会登録会員数は900名を超えるまでに成長しました。120周年記念イベントでは、会員のみならず、家族、友人も集える親睦会を思案中です。また同年秋には、第73回国民体育大会・第18回全国障害者スポーツ大会が福井で開催されます。『福井しあわせ元気国体』として福井を全国へ発信できることは大変喜ばしいことです。新たな「福井ファン」が増え、交流の輪が大きく広がることを願っています。

喜ばしいことがもう一つ、昨年平成28年12月に誕生した「福井の新しいブランド米」である「いちほまれ」の命名に際し、日本全国から10万件を超える応募があったと聞いております。福井の知名度も益々上昇というところでしょうか。「日本一美味しい誉れ高きお米」素晴らしい命名です。

120年の歴史を刻むということは、会員の皆様お一人お一人、役員の皆様のふるさと福井を想う力、熱意、努力の賜物であります。これからも『日本一の県人会』のバトンを皆様と共に次の世代へと繋げて参りましょう。

平成29年10月
東京福井県人会 会長 松平 宗紀

越前福井藩第20代当主
福井市立郷土歴史博物館名誉館長
一般社団法人霞会館常務理事
公益財団法人徳川記念財団評議員
学校法人学習院評議員
一般社団法人茶道 裏千家淡交会福井支部名誉顧問

 


■福井の足跡 in 東京

福井の足跡 in 東京 01
PDFをダウンロード

福井の足跡 in 東京 02
PDFをダウンロード

福井の足跡 in 東京 03
PDFをダウンロード

福井の足跡 in 東京 04
PDFをダウンロード

福井の足跡 in 東京 07
PDFをダウンロード